セブン銀行ATMの1日あたりの利用限度額[引出し]と変更方法について

セブン銀行ATMでの限度額はいくらと決まっていて、変更はできるのでしょうか。

一口に限度額と言っても、自分で決められる「ATMで引き出せる利用限度額」、「1日で可能な振り込み限度額」、全セブン銀行ATMで共通となっている「一度に入金できる金額の限度額」など様々にあります。

セブン銀行ATMを利用して使えるお金の限度額は?そしてそれぞれの限度額は変更できるのか?変更の方法は?今回はこういった限度額にしてまとめました。

セブン銀行ATMの限度額の種類

セブン銀行ATMで引き出しに関する「限度額」がつく主なものは下記の3つです。それぞれ見ていきましょう。

  1. 1日の利用限度額
    ATMで引き出すことが出来る1日の利用限度額。
    初期設定では1日あたりの上限額50万円に設定されています。
    限度額は手続きを行うことで変更可能です。
  2. 振り込み限度額
    自分の口座から他の金融機関への振り込みで使える限度額。
    初期設定では1日あたり上限200万円に設定されています。※磁気ストライプキャッシュカードの場合は50万円
    この限度額も手続きを行うことで変更が可能です。
    ダイレクトバンキングとキャッシュカードのタイプによって初期設定の上限が異なります。
    ダイレクトバンキング:利用開始時に設定した金額(0万円~1000万円の範囲内)
    ICチップカード:200万円
    磁気ストライプカード:50万円
  3. 一度に入金できる金額の限度額
    全セブン銀行ATMで決まっている一度に扱える紙幣の枚数は50枚。
    預け入れの金額に上限はありません。一度に紙幣50枚の以上入金したい場合は数回に分けることで預け入れが可能です。

限度額の変更の仕方

1.1日の利用限度額変更の方法

利用限度額を減額するならATMからも操作可能です。
※ATMでは限度額の増額は出来ませんのでご注意ください
ダイレクトバンキングからなら、増額・減額ともに変更が可能です。(0万円~1000万円の範囲内)

2.振込限度額変更の方法

利用限度額を減額するならATMからも操作可能です。
※ATMでは限度額の増額は出来ませんのでご注意ください

ダイレクトバンキングからなら、増額・減額ともに変更が可能です。

ダイレクトバンキングの振込限度額の変更可能範囲:0万円~1000万円

ICチップカード:0~1000万円
磁気ストライプカード:0~200万円

この記事のまとめ

  • セブン銀行ATMでの主な「限度額」は、主に3種類
  • セブン銀行ATMで一度に扱える紙幣は50枚まで
  • 「引き出し限度額」と「振り込み限度額」の減額であればセブン銀行ATMでできる
  • それ以外の変更は公式ページ/ダイレクトバンキングから

減額であればセブン銀行ATMからも操作が可能ですが、限度額変更をしたくなった場合はネット(ダイレクトバンキング)からであれば増減どちらでも申請することが可能です。

セブン銀行のダイレクトバンキングは2011年以上スマートフォンからのアクセスにも対応しておりますます便利になっています。

高い利便性が特徴のセブン銀行。使いこなして行きたいですね。

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ