セブン銀行口座を解約する場合の手数料と注意点

セブン銀行の口座解約時の手数料

セブン銀行の口座を解約する場合、手数料は無料です。

解約時のセブン銀行口座残高は本人名義の他銀行へ振込となり、その振込手数料もセブン銀行が負担してくれます。

ですのでセブン銀行口座は無料で開設でき、無料で解約できます。解約の手続きはテレホンセンターに電話し書面での手続きが必要です。

具体的な手順を見て行きましょう。

セブン銀行口座の解約の流れ

  1. テレホンセンターに電話して解約の意志を伝える
  2. 登録した住所に解約申し込み書が届く
  3. 解約申込書に必要事項を記入し返送
    *ダイレクトバンキングも利用している場合は本人確認書類を同封
  4. 解約の申し入れが受理、預金の利息計算が行われる
  5. 預金が本人名義の別銀行口座へ入金される
  6. 解約完了

解約する場合の注意点

  • 解約のためには、オペレータ対応時間 8:00~21:00の間に電話する必要があります。※年中無休
  • ダイレクトバンキングを利用中でも「本人確認書類が不要で解約できる場合」があります。電話窓口で確認下さい
  • カードローン利用中の方は全額返済してから返済の手続きができます
  • 口座解約の申し出をすると、関連したその他サービスも同時に解約となります
    例)利用されている場合、定期預金は中途解約となりセブン銀行の取引内容に応じて貯まるnanacoポイントの付与も終了します

セブン銀行口座解約についてまとめ

  • セブン銀行の口座解約に係る手数料は無料
  • 申し出はテレホンセンター→書面申請で可能
  • 書面受領後、本人名義別銀行口座へ振込(手数料はセブン銀行負担)
  • 解約すると関連したその他サービスも同時解約に
  • カードローン借入残高のある場合は解約できない

解約の場合は電話と書面での申し出が必要になり、申し込みよりはちょっと手間が掛かる印象です。

なお記事中で紹介したテレホンセンターのオペレータ対応時間は8:00~21:00ですが、カード紛失による口座の利用停止の受付は24時間年中無休で行っています。

セブン銀行では口座開設と同様、解約の場合でも利用者の手数料負担なくできるのが特徴です。

セブン銀行の口座を持っても解約しても、利用者のデメリットがないよう運営していることが伝わってきますね。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ