節約しながらダイエット!お財布にも体にも優しいのは鍋だった!

女子なら(男子でも!)誰もが気になると
言っても過言ではない永遠の問題。
それが、ダイエット。

何かとハードルの高いダイエットですが、
ムダを省くという点で、
意外にも節約と相性がいいんです。

そして、節約中のダイエットなら、
見逃せないのが「鍋」。

今回は、鍋料理がなぜ節約と
ダイエットにぴったりなのか、
掘り下げてみたいと思います。

ダイエットの基本は鍋にあり!

ダイエット中の食生活でなにより大事なのが、
バランスの良い食事をすること。

痩せたいからといって極端な食生活をしては、
栄養が偏り、体を壊す原因にも
なってしまいます。

その点、鍋料理は文句なし!

野菜や肉、きのこ、豆腐など、
定番具材を揃えていけば、
ビタミンやたんぱく質といった栄養素が
バランス良く摂取できます。

ローカロリーな食材が多いのも、
ダイエッターには嬉しいですね。

具材の使いまわしで節約!

このダイエットにぴったりな鍋料理が
節約生活にも向いている理由は、
材料を使いまわせるということ。

同じ具材でも、
水炊きやキムチ鍋、豆乳鍋と、
スープの味を変えることで
また違った味わいを楽しむことができます。

食材はまとめて購入して、
あとは味を変えるだけで、
連日鍋!というのもじゅうぶん可能。

節約の観点からも優秀なメニューなんです。

ダイエットと節約を兼ねる!常夜鍋レシピ

【つくりかた(1人前)】

鍋に水と日本酒(6:1くらい)を入れて
沸騰させておきます。

豚肉(しゃぶしゃぶ用・100g)を入れて火を通し、
ひとくち大に切ったほうれん草(半把)を
さっと煮れば完成。

ポン酢などのつけダレにつけて食べるのが
王道ですが、
だしに塩を加えて味付けしても
また新たな味わいに。

具材がシンプルなので、
好みによってだしの味を変えてみるのも
面白いかもしれませんね。

残りのほうれん草は、ごまあえなど
副菜にするのもおすすめです。

まとめ

・バランスのよい鍋はダイエットにぴったり
・具材の使いまわしで節約にもなる
・だしの味を変えて飽きない工夫を

ダイエットになって、
なおかつ
節約もできる優秀メニューが鍋。

連日鍋は、夕飯のメニューを
考えるのが面倒なときにも、
役に立ってくれそうです。

ただ、ここで注意したいのが「シメ」。
鍋の後のおいしいおだしには、つい
ごはんや麺を投入したくなってしまいますが、
そこはぐっとこらえましょう。

おいしい鍋で健康的にダイエット。
寒い時期でなくてもおすすめです!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ