ここだけ押さえて!節約生活に役立つ肉の冷凍方法

a0002_011943

肉の保存方法の定番といえば、
なんといっても冷凍。

とはいえ、買ってきたトレイのまま
冷凍庫に放り込んだのでは、
味も見た目も損なわれてしまいます。

簡単なポイントを押さえておくだけで、
よりよい状態のまま料理に使うことができます。
今日からさっそくチャレンジしてみましょう!

小さく薄くして、急速冷凍!

買ってきたお肉は、
できれば新鮮なうちに冷凍します。

重要なのは、速く凍らせるために、
ひとまとまりの大きさを小さく平たくすること。

スライス肉はなるべく重ならないように、
100グラムずつ、200グラムずつなど、
普段使う量に合わせて、分けておきます。

1枚ずつ使うときは、
肉と肉の間にラップを挟んで凍らせます。

かたまり肉は使う大きさに切って小分け、
ひき肉は平たく伸ばしておきます。

このとき、ひき肉は、100グラムずつなど、
使いやすい大きさに
箸などで分け目を入れておきます。

板チョコをイメージすると
分かりやすいかもしれませんね。

空気を遮断!水分はふき取る!

小分けが済んだら、いよいよ冷凍です。

水気が出ていたらキッチンペーパーなどで拭き、
ラップで空気が入らないようにぴっちり包んでから
冷蔵保存用のジップバッグに入れます。
ジップバッグの中の空気もしっかり抜きましょう。

冷凍庫内に金属の板を敷いたり、
食材の上に保冷剤を乗せておいたりすることで、
風味が落ちるのをさらに防ぐことができます。

入れた食材が凍るまでは、温度調節を
「強」にしておくのも一つの方法。

電気代は多少かかりますが、
急冷のほかに、
他の食材の傷みを抑える効果もあります。

家庭用の冷凍庫で肉を冷凍する場合は、
できれば2週間程度、
長くても1ヶ月くらいで使い切りましょう。

解凍はゆっくりがおいしさの秘訣。

電子レンジは素早く解凍することができますが、
解凍ムラができたり、
端の部分に火が入ってしまったりと、
上手に解凍するのは非常に難しいです。

風味を保つためには、自然解凍がいちばん。
使う前日に冷凍庫から冷蔵庫にうつし、
時間をかけてゆっくり解凍します。

解凍後に切り分ける場合は、
半解凍の状態で包丁を入れると、
切りやすく、まわりも汚れにくくなります。
手がかなり冷たくなりますが、そこは我慢です!

まとめ

・冷凍までにかかる時間はなるべく短く!
・空気は抜いて。水分は拭いて。
・解凍は冷蔵庫でゆっくり。

節約しててもなるべくおいしく。
お肉の冷凍ワザを便利に使って、
バランスの良い節約生活を楽しんじゃいましょう!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ