賃貸の部屋選びで暖房光熱費が大幅節約!

こんにちは!節約アドバイザーMr.Hです。

今年は夏が早く終わり
なんだか、もう秋の気配ですね。

という訳で、
まだ気が早いように思うかもしれませんが、
今回は冬の暖房の節約についてお話しますね!

あるアイテムだけでこんなに暖かいいんです!(^^)
また、アパート、賃貸マンション、貸家選びで後悔しないためにも、
今回の記事を参考にしてくださいね。

部屋の間取りで暖房費が半分以下になる。

タイトルを読んでお気づきの方もいると思いますが、

僕は賃貸のアパートやマンションを探すときに
必ず注意することがあります。

それは、
そう間取りです。
a0055_000393
間取りといっても、
僕が見ているのは部屋のつながりです。

間取りによっては、
同じ2LDKや3LDKでも暖房費が数倍も違ってきます。

あ、これは夏の冷房費にも当てはまります!

↓以下の間取り図を見てください。

<A>
2ldk

<B>
0007014-1-2

これらはいずれも2LDKになりますが、
LDKをいれた3つの部屋がつながっているか
または廊下で区切られていて独立しているか
大きな違いです。

(A)3つの部屋がほぼつながっている間取りの場合

リビングに一つストーブがあれば、
他の部屋の入り口を開けていることで
すべての部屋が暖かく、または涼しくなります。

しかし、(B)の廊下で3つの部屋が分断されている場合、

それぞれの部屋に暖房設備や冷房設備が必要になり、
それぞれで電気代や灯油代、ガス代がかかってきます。
a0022_000268

更に北国ではまた違う観点も必要です。

2階以上で南側に日当たりのいい窓があること

僕は北海道に住んでいたんですが、
真冬の早朝は時に-20℃を下回ることもしばしばでした。

でも、僕はいつも2階以上で日当たりのいい物件に住んでいたので
真冬でも部屋の中はいつもあたたかかったんです

北海道では誰でも当然ですが、
部屋では常にTシャツ短パンでした。

2階以上では、下の階の人がつける暖房の為
熱は上に上がる性質があるため、
2階以上の人の部屋は暖かいんです。

しかも、
北海道は2重サッシやペアガラスで、
壁の断熱もしっかりしているので、
日当たりがいい2階以上の部屋は
ビニールハウスのように、昼間はあたたかくなります。

a0800_000527

そんなこんなで、
灯油代は、あまりかかっていませんでした。

ちなみに、
僕がその時の部屋を見に行ったのは厳冬期の2月で
まだ入居する前だったので当然暖房は付いていませんでしたが、
日当たりが良かったので、フローリングの床にも関わらず
暖かくて部屋の温度も12度くらいありました。
(外はマイナス7度くらい日のでした。。)

プロパンガスより都市ガス物件を選ぶ

プロパンガスは信じられないくらい高いです。
同じようにつかっても
プロパンガスは都市ガスの数倍は料金がかかると思ったほうがいいです。

1ケ月のガス代が数万円とか普通です。

物件選びの際には、できれば都市ガスの方が節約できますよ。

まとめ

という訳で、

●賃貸の部屋を借りるときは、部屋のつながりがある部屋を選ぶ
●階数は2階以上の部屋を選ぶ
●南側の日当たりのいい部屋を選ぶ

※部屋決めには、後で変更したくても大変だしお金もかかるので
この記事を参考に慎重に素敵な節約物件を見つけてくださいね!

ではでは!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ