食器洗いで水道代などを浮かすことができるうれしい節約術

こんにちは!節約アドバイザーのMr.Hです(^^)

今回は、食器洗いする時、
水道代、ガス代、洗剤などを浮かすことの出来る
簡単な節約法をまとめてみました。
a0002_010910
一つ一つはささやかに思えますが、
毎日やったら結構な節約になりますよ!!

食器洗い時には、厚めのゴム手袋はつけて洗う!

食器洗いは、
面倒だし冬は更に冷たくて嫌ですよね~。。

夏の間は、それほど苦じゃないですが、
冬など寒くなってくると、

水道の水も冷たくなるので、
どうしても温水で洗うことが多くなります。

しかもお湯の方が油汚れが落ちますからね。(^^;)

でも、冬は元々のお水の温度が低いので、
適温に暖めるのにかなりのエネルギーを
使わなければなりません。。

そう・・。

灯油ボイラーにしても、
ガスボイラーだとしても、

かなりの燃料を使っています。

ガス代で大きな部分を占めているのは、
お風呂や、食器洗いなどです。

食器洗いのときに温水にする理由の多くは、
手が冷たいからではないでしょうか?

そんな場合は、
厚めのゴム手袋を付けるだけ
冷たさは感じなくなるので、
お水のままで洗えますよ!
gloves-1182010-m
そんな事言ったって
水じゃ油汚れ落ちないじゃない?!

って思いますよね。。

では、更に効果的な方法とは?

米のとぎ汁で食器洗い

お米のとぎ汁って、
毎回、ただ流しに流すだけですよね。

そのお米のとぎ汁。

実は、食器洗いに最適だって知っていましたか?

まず、
調理の前にお米を研ぎますよね。
そこで、普通は流しに捨ててしまうとぎ汁を
洗い桶などにとっておいてください。

そして、
食事が終わったら食器を溜めておいた「お米のとぎ汁」に浸けて
洗ってみておいてください。
a0800_000696
あ、その時油汚れがひどいものは、
ティッシュなどで軽くふき取ってください。

そして、
はじめは汚れの軽い食器だけをとぎ汁に漬け込んでいて
洗います。。

そのあとに、
フライパンや油汚れのひどいものを洗うんですが。。

ここで、
秘密兵器登場!!!

じゃーん!!

アクリル毛糸で編んだ、
アクリルたわしの登場で~す!

アクリルたわしってすごい!

アクリルたわしって知っていますか?

アクリル毛糸で編んで作ったもので
100均にも売っていますが、

自分で好きなものを編んで作る事もできます!!

しかも自分で編めば、
お花みたいな可愛いもの

どんな形でも作れるのでひそかな人気です!!

アクリルたわしの作り方はこちらを見てね!!

アクリルたわしの作り方
knit_dl_img
しかも、
洗剤をつけなくても
油た食材がこびりついたフライパンや鍋なんかもキレイに洗えるんです!!

油汚れも、
洗剤なしでもかなり落ちます。

殆どキレイに落ちるんですが、
米のとぎ汁や、
ちょっとだけ洗剤をつければ
スッキリきれいに洗えます!!

ラップを捨てる前に大活躍!!

あ!
そうそう、

食材をラップでくるんでたのを、
普通はただ捨てると思いますが、
ちょっと待ってください!!!!!

え!

はい、捨てようとしているそのラップを丸めて
フライパンの油汚れをふき取るようにしてみてください。

あら、不思議!
捨てるはずのラップでキレイに汚れが取れるんですよ~(^^)/
(麦茶パックでも同じようにできます。)

シンクも捨てる前のラップを丸めて
洗剤をつけて洗えばきれいになります。

しかも、
シンク洗う為だけにスポンジも用意しなくて良いので
シンクがスッキリします!!
(シンク洗ったらラップはポイすればいので・・。)

今回のまとめ

●厚めのゴム手袋をつけて食器洗いをする
●お米のとぎ汁は、洗い桶に入れておき食事後はその中に漬けておき洗う。
●アクリルたわしはすごい!
●使ったラップは捨てる前にもっとも大活躍させよう!!

なんか面倒だな~
と思った人いますか~?

新しい事はじめる時に
始めの一歩がなかなか踏み出せない人がいますが、

まあ、自分もそうですけど。。(笑
まずやってみると意外と習慣になって

更に節約で、
月に数千円、年に数万円成果が出てくると
喜びがエネルギーになるので、

やってみてくださいね!!
HT173_350A
はじめから完璧を求めると
はじめの一歩がなかなかできませんが、
とりあえず、

まず。

やってみる!

そしてやり続けていれば、
必ず道は開けます!!

おっと、、

ちょっと趣旨が変わってかな??(^^;)

ではでは!!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ